--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008-07-10

ぞんび。

哲学的ゾンビは、外見が人間と全く同じで,表情も,話す内容も,行動も,
人間そっくりだが,現象的な意識を持たない存在 です。















以上。




わけわかんないか。。

ぅんとね、ゾンビの論がでてきた背景をいっちゃうとですね。
とりあえずこの世界は物理的なものにすべて還元できるっていう仮説を否定して
この世界は物理的なものと意識的なものが存在するって説を肯定するための論法につかわれる
ものです。

これもまたわけわかんないかな。。
ぅーん 
前者の物理主義は簡単にいちゃうと脳の機能をゼンブかんぺきにわかっちゃえば人間の意識ってのも完璧にわかるっていう考え方。つまり僕らの意識は化学物質の変化とか電気信号の変化とかが原因であるってことかな。。
そんで後者は物理的なもの意外に意識の世界とかいうのがあるって考え方。
だから最終的に人間を完璧に研究したとしても意識は物理的なものではないから意識のシステムは全体に物理的な方法じゃわかんないって考え方です。

で、
ゾンビはちゃちゃっていっちゃえば
意識を持たない、それでいて人間と同じ振る舞いをするもの
とするって仮定したわけです。
この意識をもたないゾンビ君は物理的なものはすべて人間と同じで
ちがうのは意識をもたないだけ。

このようなものがもし仮に存在できるなら
この世界は物理主義では説明できないよねってことです。

物理的なものが一緒なのに意識がないんだから
人間は物理的なものだけじゃないよねーってことです。

とりあえず自分はおかしいとか思うんですけどね。
だからうまく説明できないのです。
、、、もとから説明能力もないしねッ!

興味持ったりしたらうぃきぺでぃあセンセにたずねてみることをお勧めします。

とりあえずゾンビってものを仮定してそれを論の根拠にしちゃーただの妄想じゃ?とかおもっちゃうのですよ。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。