--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008-11-24

そんな人もいいだろう。

。。。。。。


4πr*(Ce^(-r/a))^2 C,aは定数




0から∞のrについての積分ってどうとくの?、、、、、、、

さっぱり方向性がみいだせないんだけddd

積分なんてにがてだぁーッ
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

部分積分法かな

0~αまでの積分してからαを∞に飛ばせばいいはず

その際、厳密にはイプシロン・デルタ論法を使用しなくてはいけないと思うけど、さすがにこの問題ではしなくていいと信じてる


因みに私の答えはπ*(ac)^2だけど当てにしないで><

No title

面倒なので(ce^-r/a)^2=g(r)とする
あと、範囲は0~αで統一

(与式)

=[-2aπr・g(R)]+2aπ∫g(r)dr

=-2aπα・g(α)+[-π(a)^2・g(r)]

=-π(2α-a)a・g(α)+π(ac)^2

α→∞とすると、

=π(ac)^2

No title

たすかりました!

ぅん、はじめ -2r/aをxっておいちゃえば前のrとれるなーとか置換やろうとしてて余裕してたら実際やってみたときr^2じゃなくて
・・・ってなったり、
ぁ、これxe^xの形だーって対数とってみて対数微分法やってみて
・・・あれ?微分法?。。。。。。
ってなったりかなぁりばかなことをやってたからとっきぃが部分積分って教えてくれなかったらレポートなんにもかけなかったよ!

積分の∞に飛ばすのも一旦αっておくの完璧忘れてたし、ほんとにありがとうございました!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。